特許を申請する

スマホ

何か革新的な発明をした場合に、その発明を保護するために特許申請をしたいと思われる方も多いです。また、特許を取得するためには特許申請をする必要があります。 そして、その特許申請の料金についてですが、基本的には発明家自らが特許を申請すると料金が割安になり、弁理士や弁護士と行った代理人にその申請を代行してもらう場合は料金が割高になる傾向にあります。 まず、発明をした場合、それを特許にしてもらうために出願できる人は、発明をした本人または、法律で定められた代理人しか出来ません。 発明家本人が出願する場合は、書類を自分で作成したりと手間は掛かりますが、料金的には数十万円程度で特許権を取得できるケースが多いです。

法律の中でも、時代の変化に常についていかなければならないのが知的財産法です。その為、法改正がかなりの頻度で行われており、それに伴って料金も変わってきました。 例えば、特許権の権利保護期間が長くなれば、それだけ保護をしてもらう為の料金が発生し、トータルで支払うお金も違ってきます。また、減免制度や猶予制度が出来れば、そこでもまた料金が安くなることもあります。 特許申請の料金は、法改正によって変わってくる部分がありますので、その料金については最新の知的財産法が要となってきます。 ちなみに、特許申請をするとき弁理士や弁護士事務所へ依頼をする場合は、その事務所によって特許申請費用が違いますので、代理人に依頼する時に料金を少しでも安くしたいのであれば、事務所選びも大切です。