電子マネーとは

パソコン

ハウス電子マネーは、各店舗や企業独自の電子マネーです。近年、このハウス電子マネーを導入する企業が増加傾向にあります。その理由は、導入企業と顧客の双方にメリットがあるからです。 企業としては、会計時の釣り銭のやりとりを省略でき、レジ前の混雑を緩和することができます。また、企業としては顧客の情報を収集できるので効果的なマーケティング戦略が立てられるというメリットもあります。 同様に、顧客も決済が素早くできるのでストレスを感じないという利点があります。さらに、クレジットカードのような決済手段を持たない顧客にとって、ハウス電子マネーは便利な決済手段になります。とりわけ現金のやりとりが難しいオンライン通販やオンラインサービスにおいては、カードを持たない顧客を惹きつける重要な要素となっています。 このようなメリットがありながら、その導入コストは比較的リーズナブルです。そのため、ハウス電子マネーの普及は今後も続くと予想されます。

ハウス電子マネーをいち早く導入したのは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでした。こうした企業では、毎日大量の顧客の決済を速やかに行わなければなりません。そのため、決済手段の迅速化と同時に顧客の消費傾向をいち早く分析できるハウス電子マネーは、業績向上にとても効果的だったからです。 同じ理由から、飲食店や喫茶店にも普及が進んでいます。 さらに最近では、アミューズメントパークやシネコン、スタジアムといった大型施設にもハウス電子マネーを導入するところが増えています。こうした大型施設は決済の場面が多いので、その処理を迅速化するのは顧客満足度を高めることに繋がるからです。それと同時に、ハウス電子マネーには顧客を囲い込む効果も期待できます。 このようにハウス電子マネーの導入企業は、小売業界から大規模施設へと変化しているのです。