特許を申請する

スマホ

新しい発明、自分だけの発明をした際は、特許申請をすべきです。そうすれば、その発明の特許を取得することができます。自分で行うのが不安である場合は、弁護士事務所などを利用するとよいでしょう。

この記事の続きを読む

多用しないこと

弁護士

企業で仕事をする際の助けになってくれるのが、「福利厚生」です。頼りになるからといって多用しすぎてしまうと、自分自身だけでなく企業にも悪影響を与えてしまいます。適切な使用頻度を心掛けるようにしましょう。/p>

この記事の続きを読む

倒産確率を知る

打ち合わせ

企業を運営していくにあたり、倒産確率は把握しておきたいことの一つです。倒産確率を把握しておけば、倒産しないためにどうしたらいいのか、ということを考えることができ、倒産する確率を抑えることができます。

この記事の続きを読む

特許権

ビジネス

画期的な発明や技術を開発した際、特許申請を行うことが勧められています。特許対象の新しい技術や画期的な発明を特許権という形で保護することが目的です。特許申請を通して、新しい技術や発明を権利者に独占的に使用できるようにしたり、あるいは公開された特許が他社により侵害されないようにできます。また他方では、公開されることで研究が進み、社会に有益な情報として活用されることも期待されています。このように、特許申請には多くの社会的な要素が含まれていることから、細かい規定や約束事が存在し、その結果、特許申請のための出願書類の作成はかなり難易度の高いのが実情です。したがって、特許申請に当たり、必要な出願書類の作成は専門家に委託するというのが一般的になっています。

懸命の努力により開発した技術や発明の詳細を知ってもらうため、自ら出願書類を作成したいという人もおられます。しかし、現実には正確な特許範囲の合理的説明を出願文書内に記述する難しさにより満足な結果を得るのが難しいようです。開発した発明や技術を現物で申請するのではなく、あくまで出願書類に記述するという方式であるため、これには専門的な知識と経験が求められます。そしてその作業を行ってくれるのが特許事務所の弁理士です。特許事務所や弁理士には、得意分野があります。機械、電子、化学、医学など異なる分野に精通した専門家に出願書類を作成することが望ましいと言えます。必要な費用は個別の特許申請内容によって異なりますが、最低でも30万円程度は必要です。基本料金に加え、請求項作成、図面作成、明細書作成、印紙代などが別途必要になります。詳細については、信頼できる特許事務所や弁理士に相談されることが勧められます。

ストレスチェック

スーツ

ストレスチェックはインターネットで誰でも簡単に行うことができます。ストレスチェックを行うことで、自分自身の精神を安定させることができ、仕事をよりスムーズにこなしていくことができます。

この記事の続きを読む

電子マネーとは

パソコン

企業独自の電子マネーである「ハウス電子マネー」。これを導入する企業増えてきています。最初に導入したのはコンビニやスーパーマーケットであり、この導入により多くのメリットを得ることができます。

この記事の続きを読む

オススメリンク